HOME | 審美的修復
 

銀歯は入れたくないな!

 
 欧米人で銀歯を入れている方を見る事ってあまりないと思いませんか?
日本には国民皆保険という制度があり、誰でも何処でも同じ料金で
治療ができるので、大変素晴らしい事ではあります。
その一方、財源には限りがあるので、修復する材料を自由に選択する
ことはできません。
最近の傾向として、金属ではなく「白い歯を入れたいな」と考えている方が
大変多くなってきました。
保険制度の中にも、部位や歯の数の条件つきではありますが銀歯ではなく
白い被せ物で修復できる様になってきました。
 
 
 下記に審美的修復の一例をご紹介しました。
この他にも保険内、保険外で色々な選択ができますので、ご相談ください。
 

 
   
   

オールセラミック

 ジルコニアは人口ダイアモンドとして有名で、宝飾品にも使われているため女性の方はご存知かもしれません。
宝飾品に使用されている物(キュービックジルコニア)と口腔内に使用されているジルコニア(フインセラミック)は、結晶構造が違いますが基本的には同じ物です。
生体に優しいため、人口関節にも使用されています。
強度があり、美しく、金属を一切使用しないので、金属イオンの流出がなく生体親和性があり安全性が高いと言えるでしょう。
従来からある金属にセラミックを焼き付けたメタルボンドクラウン も美しいですが、内面に金属を使用しているので、ジルコニアの方が生体には優しいと言えます。
ただしすべての症例に適応とは言えないので、ご相談ください。

     

セラミックインレー(e.max)

 
保険適応の診療では金銀パラジウム合金の詰め物を選択する場合が多々あります。
しかし、審美性はなく金属イオンの流出を考えると生体に優しいとはいえません。
 
 
 
 
e.maxインレーの登場で、メタルフリー(金属を使用せず)審美性も強度も兼ね揃えたセラミック修復が可能になりました。
何も詰め物がない様に見えるかもしれませんが、白い詰め物で修復されています。