HOME | ホワイトニング
  

ホワイトニングの種類 

ホワイトニングには自宅で自分で行うホームホワイトニング
医院内で行うオフィスホワイトニングがあります。
どちらも利点と欠点があるので、ご自分の生活スタイルに合わせて
選択をしてください。
どちらを選択しても永遠に効果が続くわけではないので、 
色が気になってきたら、再度行う必要があります。
口腔内のお手入れや、嗜好品の好み、摂取頻度により、
効果の持続は 様々ですので、一概に効果の長さを決める事はできません。
 また、抗生物質による変色や神経のない歯、金属による変色など、変色の原因よっては望んだ色調にならない事もあります。
 

   
    
 

オフィスホワイトニング

 医院内で施術を行います。
ご希望の色調に近づけて行くように確認しながら1〜2回の
施術を行います。
歯面漂白の薬剤を塗布し光を照射していきます。
利点としては、家庭で行うホームホワイトニングより短期間で結果を出す事ができます。
 欠点として知覚過敏、歯肉の熱感、粘膜の潰瘍、歯の痛み等を感じる事もありますが、
これらは通常一時的で、数日の間に治癒します。
施術後にホームホワイトニングと併用すると、効果の長期的維持が可能となります。

       
  

ホームホワイトニング

個人用のトレーを医院にて作成します。
 ジェル状の薬剤をトレーに移し、口腔内へはめていただきます。
ご都合に合わせて、テレビを観ながら、あるいはパソコンやゲーム
をしながら1時間〜2時間程度、1週間〜10日間程度、継続していただきます。
ご自身の希望の色に近づいた所で終了となります。
さらに追加で、行う事も可能です。
利点としては、医院へ行かず好きな時間に行う事ができ、家庭内でできます。
オフュスホワイトニングに比べ、薬剤の取り扱いもより安全です。
欠点としては、結果を出すのに時間がかかるという事です。